アラサーOLが【鬼滅の刃】から学んだこと。成長していく人とそうでない人の違い。

 

こんにちは、ユキです。

もうすぐ2020年も終わりますなぁ〜。
今年はとくにあっという間だった気がする。

 

ってゆーことを毎年言ってる気がする←

 

2018年に本格的にブログで副業を初め
ブログ副業歴も丸3年経ってしまった、、、。

 

ブログはじめた当初に思い描いていた
3年後の自分は、ある程度ブログの収入で
生活できる自分になってるんだ〜ヽ(´∀`)ノルン

 

なんて、うかれポンチなことを思ってた自分を叱咤してやりたい。

 

現実は、毎月収益はあるものの、
まだまだお小遣い程度、、、

 

私の周りには、同じ時期にブログをはじめた人でも
数十万、数百万円と稼いでる人はたくさんいて
そんな人たちと比べては

 

『私には向いてないのかもなぁ』とか
『私はやっぱり頑張れない人間なんだなぁ』とか

 

〝私なんて〜〟シリーズを100万回思っていた。

 

それでも『私も次に続くんだ!』と奮起し
ブログに打ちこむも、
落ち込む出来事はたびたびやってくる。

 

  • 何時間もかけて記事書いたのに、上位に表示されない
  • 当たる!と思ってた記事が全然当たらなかった
  • Googleアップデートにより、上位にあった記事が消える
  • 何を書いても記事が上位表示されない
  • アカウントが凍結してアクセスがゼロになる

 

などなど。

 

そのたびに私は落ち込み
記事をかかなくなった時期なんて10万回ある。

 

別に落ち込んでる時間があってもいいとは思うんです。

 

だって事実、めっちゃショックなことあったら
落ち込みたいじゃないですか。←

 

 

『やだぁーーショックーー無理ーー』
と大声で叫びたいじゃないですか。←

 

でもね、最近ある人に言われたんです。

 

 

 

己の弱さや不甲斐なさに
どれだけ打ちのめされようと
心を燃やせ
歯を喰いしばって前を向け

君が足を止めて蹲っても

時間の流れは止まってくれない

共に寄り添って悲しんではくれない

 

この言葉に『はっ!』とさせられたのです。

 

 

私『煉獄さぁぁああん!!!(´;Д;`)』

 


出典https://www.pinterest.jp/

 

そう、煉獄さんという強いひとに。←

 

(映画にのめり込むタイプ)

(炭次郎が言われたこと=私が言われたこと)

 

 

確かに私が『ブログ上手くいかないーー!!』
って落ち込んだところで、
時間というやつは、刻々と前に進んでくし
落ち込む私に寄り添って励ましてもくれない。

 

私がイジイジ止まってる間に
時間は、私に目もくれずに進んでく。

 

その結果、たいして何も変わらず
年月だけが過ぎていく、、、、、( ゚Д゚)

 

なんか、その状況を客観視してみると、
めっちゃイジイジしてる自分がアホらしく思えて、
なにを1人悲劇のヒロインしてんだ私は!!

と思った。

 

早くに結果を出してる人と
そうでない人の差はここにあるのだと思う。

 

成長していくひとは
落ち込むような出来事にたいして
イジイジと私なんか〜とか思うんじゃなくて
その出来事に対しての問題に向き合い
解決策や行動を考えてる。

 

結果を出す人は
止まるんじゃなくて、
何かしら行動をしてるんだす。

 

イジイジしていた時間を無駄とは思わないけど
もったいないことをしてしまったなと今は思う。

 

だけど、私にはイジイジして
つまづきまくってる時間が必要で、
その時間を体験したからこそ
もったいないことをしてしまったと思えたんだ。

 

煉獄さんの言葉に胸打たれたのも
今がそれに気づくタイミングだったんだと思う。
(ということにしてる)

 

なので、最近はやる気が底辺になったら
煉獄さんの言葉を思いだして
前に進むことを考えるようにしてるのです。

 

 

なりたい未來があって
挑戦してみたいことがあって

 

だけど、うまくいかなくて
自分なんかって思って落ち込んで
そんなことを繰り返しながら
ひとは成長し強くなっていくんだね!

 

 

 

私は煉獄さんの意思を受け継ぐよ!!!(は?)

 

 

なかなかブログ収益が上がらなくて
諦めそうなひとも、
その前にできることがあるかもしれないよ!!

 

 

一緒にがんばって成長して行きましょーーー!!

 

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

大阪在住30代アラサーOL。
給料+ブログ収入で、ゆるく生活しています。

ブログ収入で100万円以上稼いでます。

自分にとって心地よく、自由な生活をする(`・ω・´)フン

コメント

コメントする

目次
閉じる