Wonder Warehouseとは?
-ワンダーウェアハウス-

Wonder Warehouseとは?
-ワンダーウェアハウス-

ワンダーウェアハウスは、クラウド型の
倉庫の在庫管理システム
になります。

インターネット環境があれば利用でき、導入コストを抑えながら
在庫管理をシステム化することができます。

作業の標準化・効率化

システム化することで作業が標準化され、倉庫管理にかかる在庫管理や、棚卸などの作業時間を短縮することができ、作業の効率化生産性の向上につながります。

倉庫情報の共有

クラウドで情報を管理しているため、ネットが繋がる所であれば、場所問わず在庫状況を確認することができます。また、荷主様と情報を共有することも可能です。

お客さまの業務が改善された事例

導入前の問題点

バックヤードの在庫がどんぶり勘定。在庫はすべて担当者が手書きで手帳にメモをし、
出荷時は手帳のメモを手書きで更新していた。

導入後、改善した点

棚番の決定と、棚札にバーコードを導入し手書きを追放し、正確な商品情報を提供できるように改善。在庫情報の精度が向上し、在庫の有無が正確になった。入出庫作業が標準化され、
ピッキング時間(商品を探す時間)の短縮につながった

導入前の問題点

運送便の料金・集配状況の変化により方面別(東北地方・四国地方)に出荷状況を把握したいとの要望。

導入後、改善した点

方面別の進捗状況を表示し遠方のユーザー様を優先的に出荷作業に着手できるよう情報画面を提供。それにより1便に積載されるので集荷ターミナルでの残貨物の減少につながった。
 

導入前の問題点

補充看板が手書きだったため作業制度が低かった。繁忙期にピッキングゾーンの商品の在庫不足が発生し、商品の補充待ちによるピッキングの渋滞が発生していた。

導入後、改善した点

作業制度が低かった点をサーバー上の登録データを活用し、手書きからコンピューター出力に改善。在庫不足となった商品の状況をシステムで管理することで、各作業の精度向上と時間短縮を実現。

在庫管理のお悩み、お気軽にご相談ください。

✔既存のインターネット環境で利用可能

クラウド型の在庫管理システムなため、インターネットが利用できるパソコンがあれば利用することができます。そのため導入までが早く、簡単に利用可能です。

✔低コストで導入可能!

特別な投資設備が不要なため、低コストで導入することができます。
使用料は月々のデータベース使用料のみとなっており、低コストで在庫管理システムを利用することが可能です。

✔カスタマイズも可能!
✔導入時のサポートも充実!

個別の業務に合わせてカスタマイズも可能です。
運用開始前に作業のシュミレーションをし、現場での立ち合いを実施。
障害発生時の対応も相互に確認します。

    

標準機能

入出庫管理

入出庫の計画や実績の登録、Excel(CSV)ファイルによる取り込みにも対応し、簡単な操作で管理することができます。

倉庫管理

複数の倉庫の在庫管理にも対応、棚番管理もできます。また、複数の倉庫からのピッキングにも対応可能です。

商品管理

商品をリアルタイムで管理でき、出荷予定との引き当ても可能です。ネット環境さえあれば、
いつでもどこでも在庫状況を確認することができます。

不良品管理

不良理由をカテゴリから選択し、登録することで、不良理由別に管理することができます。

検品

ハンディターミナルを使たバーコード検品を採用。バーコードを読み取ることでデジタル照合し、ご出荷を防止します。一括検品にも対応しています。

ラベル印刷

入出庫や在庫などの商品情報をラベル用紙に印刷することができます。各配送会社の配送データとも連携し、レターパック用のラベルも印刷できます。

進捗管理

その日の出荷作業の進捗を確認することができます。

エリアモニター

都道府県別に出荷状況や出荷の進捗を確認することができます。運送会社別に進捗を表示することも可能です。

オプション機能

棚卸

Excel(CSV)ファイルによる実棚データを取り込み、棚卸調整ができます。手動入力も可能です。

タリフ機能

運賃を計算することができます。

OCR機能

アンドロイド搭載ハンディターミナルのOCD機能を利用し、バーコードをない商品も照合検品することができます。

どうやって在庫を管理するの?

バーコード(JAMコード、CODE39)で商品を管理します。商品にバーコードがない場合は、バーコードを印刷し、商品や商品ラベルに貼り付けることが可能です。

どうやって誤出荷を防ぐの?

入出荷情報をデータで受け取り、そのデータと照合・検品を行うことで入出荷時のヒューマンエラーを軽減し、ピッキング間違いを防止することができます。

既存のシステムと連携できる?

外部のシステム(販売管理システムなど)から出力されたデータがCSVデータであれば連携することは可能です。

システムの導入コストが心配、、、、

特別な設備投資が不要なため、初期設定費用と月々のデータベース使用料のみで導入可能です。
料金の詳細については別紙にて価格表をお渡ししますので、お気軽にお問い合わせください。

      

導入までの 5 ステップ

STEP
お問い合わせ

お電話・メールにてお問い合わせください。

STEP
導入方法・改善策の提案

倉庫状況や商品の確認を行い、導入手順と改善策を検討。

STEP
プロトタイプの作成

※カスタマイズが必要な場合のみ

STEP
試用期間(1~3カ月程度)

基本動作に無理、無駄のないことを確認。
導入不可と判断された場合、キャンセル可。

STEP
ご契約・実運用

データベース使用契約後、システム運用開始。

株式会社ワンダーワークス

〒550-0011 大阪市西区阿波座2-4-31 坂本ビル102
TEL 06-6535-5677 / FAX 06-6535-5978
officewonder-works.co.jp
https://wonder-works.jp/